空が高すぎる

足元も大事だけど 空を見上げることも大事にしたい
今だからこそ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| 2016.11.14 Monday () | - | - | - |
テーブルの星空〜さよならの風景 2

テーブルの星空〜さよならの風景 2


誰もが知っているコーヒーチェーン
ある人には毎朝のくりかえし
ある人には休息の地

キャリーバッグをひとつ
今日の暖かさに不似合いなコート
少し背伸びしたメイクと綺麗に染められた髪
時折時計を気にしながら
その子は包み紙を使って
何かをおりはじめた

ひとつ
またひとつ
丁寧に
丁寧に
またひとつ
自分の胸の奥にある思いを
そこに編み込むかのように

大きなため息をひとつ
時計に少しだけ眼をとめて
その子はゆっくり立ち上がる
テーブルには
彼女の思いがちりばめられた星空
ひとつひとつ
大きな星も小さな星も
きっと大切だったもの

時計は9時少し前
その子は前を向いて歩き出す
今日の日に不似合いなコートを左手に抱えて
来なかった人への思いを
テーブルの星にちりばめて

僕のコーヒーは少し苦くなる
気持ちの中にある揺れと
勝手すぎる自分
砂糖とミルクでは消えない
星を編む
必要なのは
その日だけ
その強い想いだけ
 




| 2016.11.14 Monday (22:39) | | comments(0) | trackbacks(0) |
雪 明くる朝
雪 明くる朝

いつもの坂道を
いつもより少しだけ慎重に降りる
知らず知らず
足元ばかりを見つめる僕の背中は
誰がみても丸くなり
ゆっくり ゆっくり
氷のうえ 歩みを進める

ふと顔をあげると
歓声とともにすってん
と、転げる女の子が
あっ、と声をあげる僕の少し前で
今度は男の子がすってん
あ〜あとため息をつき歩み寄る
そんな僕など目に入らぬように
笑いながら走り出したその子は
少し先、さっきの女の子が転んだところで
今度は耐えられるかな、
と思うそばからすってん
少し遅れて後ろからやってきた
三人組の女の子たちも
わざわざその後ろにやってきて
すってん、すってんてん
そしてみんなで大声で
笑い合いながらかけていく

いいね
その元気を分けてもらった僕は
フラフラしながらも
前を向いて歩き出した
君たちがこれからあるかもしれない
すってんころりに
今日みたいに笑い合いながら
向き合っていってくれる
そんなこと思いながら
いつもの坂道を下りる
いつもの足どりで
僕も歩いていく



| 2014.02.10 Monday (08:14) | | comments(0) | trackbacks(0) |
そんなふう
 
 明るい声で笑える日も
 ぎこちない笑顔しか作れない日も

 一緒にいる人を気遣える日も
 その人に支えてもらう日も

 穏やかな微笑みを浮かべられる日も
 どんよりとした表情になる日も

 上を向いて歩ける日も
 気がついたらつま先ばかりを追いかけている日も

 誰かにやさしさをわけてあげられる日も
 誰かの笑顔がまぶしくてつらい日も

 一進一退
 いい時もあれば
 そんな時だってある

 そんなふうに僕らは
 たぶんなんてことのない毎日を
 そのたびごとにハラハラしながら
 変なテンションで笑いあいながら
 歩いていくんだと思う

 しあわせってたぶんそんなふう
 そんなふう




| 2014.01.27 Monday (23:37) | | comments(0) | trackbacks(0) |
贈り物の意味
何年か前から
もらう楽しみより
選ぶ楽しみに

きみの笑顔とか
照れ臭そうな顔とか
そういうのを思い浮かべながら
あれやこれや
みて歩く時間が
何より君からの贈り物だと

だから
交換、になってるかどうかなんて
たいした問題じゃないわけで
いつものたくさんのことに
ただ
ただ
ありがとうなのです




| 2013.12.23 Monday (19:03) | | comments(0) | trackbacks(0) |
416 AM
 
416 AM

遠く
長く
離れてしまった君の幸せを願う
試されるのは
信じる力




| 2013.02.05 Tuesday (04:16) | | comments(0) | trackbacks(0) |
くもり空の下で

ずっと考えていたこと
自分のなかで処理しきれないこと
忘れられないこと
忘れてはいけないこと

うまく言葉にならないこと
形にした途端にペラペラな
軽薄なものに変わってしまうこと
頭でわかっているようで
でも気持ちが追いつかないこと

心の奥底に縮こまったままの思いは
向き合おうとすれば隠れ
消そうとするほど痛みに変わる
だからいつもそれは一緒
たぶんずっと一緒

人生は紙に書かれた物語じゃないから
ただ ただ
色褪せることはあれどそのまま
痛みに慣れることはあれどそのまま

ひとつまたひとつ増えていく大事なもの
たとえそれが痛みを伝えるものでも
かすかに輝く光でも
全部抱えたままで僕は
また明日あう世界に思いをはせよう

それがたぶん
君と歩いていくひとつの方法
「ごめんね」なんて言葉は
きっと君にそのままでは届かないんだろう
だからとりあえず
一緒にあのくもを見上げていよう
いつか霧が晴れるその日を夢見ながら






| 2012.06.23 Saturday (08:38) | | comments(0) | trackbacks(0) |
左腕
楽しい時間は早くすぎると
教えてくれたのは
熱くなっていた僕の左腕
久しぶりの思い





| 2012.05.19 Saturday (23:45) | | comments(0) | trackbacks(0) |
夢 再会のとき
 
久しぶりの再会は夢の中でした

息子の僕からみて
たぶんあなたの唯一の趣味だった車を運転して
なぜか西ドイツを旅行する夢で
あなたは久しぶりに僕の前にあらわれた
何となくは予想できたことだったけど
あなたの顔がはっきりしていなかったことに
戸惑いと軽いショックをうけたよ
でも
それでも久しぶりに楽しそうなあなたとあえたのは
うれしいことでした

それはきっと
昨日またこちらを離れていった
僕にとって大阪のお父さんのような人が
あわせてくれたのかもしれません
自分の年齢を考えれば仕方ないのかもしれないけど
67歳と69歳での旅立ちは
少しばかり早すぎやしませんかと
それくらいは言わせてください

それでも昨日
自分なりに精一杯に
学生さんたちの前に立ったのは
仕事をする人間としての誇りを
あなたたちに教わっていたから
僕はそのことをいつも胸に
大切にして生きていきます

次の再会はいつかな
できればこんな悲しい時じゃないほうがいいけれど
たぶんそういうときだから
助けに来てくれたのかな
そんな風におもえたから
やっぱりありがとうと言わせてください





| 2012.04.18 Wednesday (06:28) | | comments(0) | trackbacks(0) |
あえて数字にするならば
 
最近おもうんだけど
何が幸せなのか、とか
どんな自分でいたいのか、とか
そんなに割り切れるもんじゃないなと

たとえば自分が好きか嫌いか、とか
彼女との時間が楽しいか退屈か、とか
ちょっと考えればわかりそうなものも
今じゃわかんなくなってるかも

でも
それでも
あえて数字で表すなら
3:7かせめて4:6で
いいことが少しすくないくらいで
そのことを
5:5か6:4くらいで
思っていられる自分がいいかなと思う

いいんじゃないかな
それくらいの勘違いなら
それくらいならまだ
しあわせだと思えるんじゃないかな




| 2012.02.15 Wednesday (00:05) | | comments(0) | trackbacks(0) |
You'll never walk alone

大人のみなさんへ

僕は信じている
いつかまた
みなさんに笑顔が戻ることを

僕は信じている
身体をもがれるような痛みに耐えて
みなさんに笑顔が戻ることを

僕は信じている
大きな闇の向こうにある光に向かって
みなさんと共に歩めることを

みなさんに必要なものが
必要な人がたくさんあるように
僕にもあなたたちが
あなたたちの未来が必要なんだ

だから僕は信じている
共に生きて行けることを
前を向いて歩めることを


子どもたちへ

君たちの未来には大きな課題がある
それを小さな肩に背負うのは大変だけど
でもだいじょうぶ
苦しいとき
悲しいとき
となりの誰かに手をさしだそう
その手を握り返してくれる人がきっといるよ
そしてそんな人がいたら
その人と共にあるこう
君たちの未来には
確かに希望がある
僕たちが全力でそれをつないでいく
そして君たちはいまも
ありのままの姿でその環にいることをわすれないで
君たちに勇気をもらっているから


若者へ

今を生き急いではいけない
多くの生命が失われた今だからこそ
今を生き急がないで欲しい
10年後
20年後
君たちの力が必要になる日はかならず来る
その日のために
今だからこそ
君たち自身の生命の重さと
君たちの人生の重さと
向きあって欲しい
そのことが希望の環をきっとつなぐことになる


人が人と歩くのに
理屈なんていらない
自然に差し伸べられた手を
自然に握り返せばいい
どちらが差し伸べたかなんて問題じゃない
だってその温もりは
お互いにとって確かな宝になるのだから

僕はもう迷わない
今の自分がしなければいけないこと
そのことを大事に歩いていく
みなさんとともに歩く自分でいるために









| 2011.03.17 Thursday (00:40) | | comments(0) | trackbacks(0) |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND

 
とりあえず
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS