空が高すぎる

足元も大事だけど 空を見上げることも大事にしたい
今だからこそ
<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています




| 2016.11.14 Monday () | - | - | - |
そして今年もまた
 
すこし遅くなりましたが、
先日、無事に、また今年も多くの関わりがあったみなさんが
卒業をされていきました。

彼女たち/彼らがFBにあげたり、
直接送ってくれたりした写真を見ていると、
その笑顔をみていると、
みなさんそれぞれと過ごした時間を
そのさまざまな場面を思い出します。

人が誠実に生きていれば
その誠実さゆえに自分が傷ついてしまったり
思わぬ形で失敗したときに落ち込んだり
いろんなことがあったことでしょう。
そうした4年間の積み上げの
どんなことを僕が一緒にできたのか
それはみなさんしか知りません。
ただ。
そうして着実に素敵になられたみなさんを
僕はとても愛おしく思いますし
誇りに思います。

みなさんなら大丈夫。
これからもきっと。
そして次の年もまた。

卒業おめでとう。






| 2014.03.29 Saturday (23:44) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
おつかれさま
きょうは年1回のある意味大きなイベント。
学生の卒業研究の提出日です。

いろいろとあった人も含めて
無事にみんなが提出を済ませる。
それにしてもいつも思うことですが
こうしたときの彼らのホッとして
すこし誇らしげで
やり遂げた感のある表情は格別。
こちらもそれでテンションが上がる。
思えばこういうことがあるから
こうした仕事を続けられるのだと思います。
ありがとね。

終了後、一部の学生たちと、でしたが
彼らの発案でピザパーティー。
完全お呼ばれで、これも楽しい時間。
こういう時は男の子も女の子も一緒。
みんなかわいいんだよな。

もう少ししたら卒業ですね。
さみしいような、でもうれしいような・・。
今しばらくはまだお付き合いが続くね。
よろしく。
 



| 2014.01.20 Monday (22:54) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業式 今年は晴れ
 
久しぶりに晴れの卒業式だったようにおもいます。

みなさんの晴れやかな表情が
青空をバックにするととてもきれい。
晴れ着や袴姿の女の子も
厳しい就活ですっかり板についたスーツ姿の男の子たちも
みなさんとても眩しく見えます。

式の後のお別れパーティーでは
花束とゼミのみなさんからの色紙。
こうした形に残るものは
あとあと自分をとても励ましてくれます。
ありがとう。
大したことをいえるわけではないのですが
どうぞ幸せになってください。
それが僕からのおねがい。
今年は前向きなメッセージを。
・・・2番の頭が至高。


エソラ

二足歩行してるからっぽの生きもの
無意識にリズムを刻んでいる
フルボリュームのL-Rに
萎んでた夢が膨らんでく

君が話してたの あそこのフレーズだろう?
まるで僕らのための歌のようだ
君はどんな顔して聞いてたの?
甘く切なく胸を焦がす響き

メロディーラインが放ったカラフルな魔法のフレーズ
輝きを撒き散らしては僕らに夢を見せる
明日へ羽ばたくために
過去から這い出すために
Oh Rock me baby tonight
ほらもっとボリュームを上げるんだ

天気予報によれば 夕方からの
降水確率はあがっている
でも雨に濡れぬ場所を探すより
星空を信じ出かけよう

雨に降られたら 乾いてた街が
滲んできれいな光を放つ
心さえ乾いてなければ
どんな景色も宝石に変わる

やがて音楽は鳴りやむとわかっていて
それでも僕らは今日を踊り続けてる
忘れないために
記憶から消すために
Oh Rock me baby tonight
また新しいステップを踏むんだ

メロディーラインが描いたカラフルな希望のフレーム
輝きを撒き散らしては僕らに夢を見せる
めぐり逢うたびに
サヨナラ告げるたびに
Oh Rock me baby tonight
さぁ踊ろうよ ボリュームをもっと上げるんだ

Kazutoshi Sakurai 詞/曲 
Mr.Children 2008年SUPERMARKET FANTASY 収録





| 2013.03.22 Friday (18:36) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
今年もまた
 運動会が嫌いだった僕には数少ない「晴れ」を祈る日

朝やわらかな光と
鳩の鳴き声で目が覚める。
午前6時。
今の時期のこの時間。
この明るさなら晴れだね。
安心。
きょうはみなさんの卒業式。
続けて春告鳥。
なんかうれしくなった。



| 2013.03.22 Friday (06:27) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
こんな8月6日

 毎年、この日には戦争を考える日にしています。

 が。

 今年はすこし趣が違いました。

 いつもいろいろな機会で私のことを気にかけてくださる方が所属されるNPOが
 企画した夏のイベント。
 福島から小学生をよび、
 こちらの小学生や学生ボランティアのみなさん、
 それから留学生のみなさんと大人たちが
 4日間の日程での体験合宿。
 その3日目に参加させていただきました。

 昼間は山の奥にはいってみんなでバーベキュー。
 材料をたくさん運んでくださって
 中心になって準備をしてくださる方がおられたり、
 自分の食事もそこそこに、
 お子さんの相手や安全管理に気を配る方、
 楽しい時間を作ろうと互いに気遣う若いみなさん、
 それぞれの笑顔がとっても素敵でした。

 その後、宿舎兼活動場所のセンターに戻り、
 夕食までの時間を使い、
 学生さん・留学生さんたちと語り合いの時間を持ちました。
 思い思いに、それぞれの言葉を大切に
 自分の夢や思いを語る彼らの姿がまぶしくて、
 若い頃の自分とそれを重ねつつ、
 今ある自分に手を貸してくださったたくさんの人の顔を
 思い浮かべていました。

 67回目の原爆の日。
 いま43歳になった僕は
 無事に年齢を重ねることができ、
 こうしてはじめてお会いした彼らと言葉を交わせるしあわせを
 本当に尊いものだと感じていました。
 あの日、あたたかな気持ちや
 ささやかなしあわせを一瞬のうちに奪われた人がいること、
 その地で永遠に止まってしまった時間の中にある人が
 あるいはいるかもしれないこと、
 そうしたことに思いをはせながら
 普通の生活の幸せを感じられた一日でした。

 



| 2012.08.06 Monday (22:47) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
ホッとして気が抜ける
 
 そんなこともあります。

 なんだか寂しいような
 でもうれしいような
 複雑な気持ち。

 でもやっぱり喜んであげたい、と
 そんな風に思える報告。
 (まだハッキリはわかんないけどたぶん間違いないでしょう)
 短い間だったけど
 今の自分にそんな気持ちが持てるんだなぁ、
 と気づかせてもらっただけで十分。
 あとは自分の気持ちの整理だけだけど
 これはまぁ大丈夫でしょう。
 いつものことだもの。

 ありがとう。

 



| 2012.07.06 Friday (16:40) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
ままならないことがあるね
 
 残念な報告ではありました。

 ずっと長くお付き合いのある方の就活。
 最終の面接が近いということで
 電話で相談を受けたのはつい先日。
 きょうが当日で、
 残念な結果だった、というメールが。

 彼女、一生懸命だし、誠実だし
 あえて言うならそのまっすぐすぎるところが
 あるいは扱いにくく見えちゃうのかな・・。
 僕にとっては妹みたいな存在の人だから
 もしかすると贔屓目があるかもしれないと思いつつ
 でもこういうことがあると
 「見る目ねぇなぁ」
 と思ってしまう自分がいます。

 ここのところ
 自分のことでも思いますが
(まぁでも自分のことはかなり自分がだらしないというか
 情けないというか、自分が悪いんだけど、やっぱり)
 ままならないことが多い、と本当におもいます。
 学生さんのことでもそうですが、
 がんばっているひと、真面目な人が報われて欲しい、
 と思っちゃうんですよね。

 とかいいつつ、
 自分のダメさを棚に上げているのかなと
 また少々反省モードになったりもして・・。

 やれやれ・・。

 しかし先ほどお電話で直接声をきいて
 すこし安心。
 やはりというか、僕に期待させたことを
 かえって申し訳ながっているような感じ。
 
 人に期待できるってしあわせなこと。
 そういう状況で僕も夢を見せてもらえるんだから。
 だいじょうぶ、だいじょうぶ。

 ちょっとずつでいいから
 前をむいていこう。
 応援してるよ。




| 2012.07.05 Thursday (23:32) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
卒業の日 今年も雨
 
今年もまた卒業式がやってまいりました。

せめてこんな日くらいは
足元を気にせずに歩けるような天気にして欲しいと
何度か夜中に目覚めては耳をそばだてていたことは無駄に終わり
(まぁ終わるんだけど)
やはり今年も雨でしたね。

でもみなさんにはそんなことはあんまり関係なかったようで
はじける笑顔でお互いに肩を抱き合い
そしてまた新しい世界へ歩みを進めていかれました。
毎年この日は
ホッとすると同時に
なんだかすこし寂しい気持ちになります。
でも。
きょうのみなさんを見ていて
その幸せを少しだけ分けてもらえた気分の僕は
また4月からの繰り返しに思いを馳せることができました。

4年間、おつかれさま。
月並みなことしか言えませんが
どうぞしあわせになってください。



君住む街へ

そんなに自分を責めないで
過去はいつでも鮮やかなもの
死にたいくらい辛くても
都会の闇へ消えそうな時でも

激しくうねる海のように
やがて君は乗り越えてゆくはず

その手で望みを捨てないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも

君の弱さを恥じないで
みんな何度もつまづいている
今の君もあの頃に
負けないくらい 僕は好きだから

歌い続ける 繰り返し
君がまたその顔を上げるまで

あの日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも

雲の切れ間につき抜ける青い空
みんな待ってる また走り始めるまで

その手で心を閉じないで
その生命がつきるまで

かすかな望みが まだその手に
暖かく残っているなら

その日の勇気を忘れないで
すべてのことが終わるまで
君住む街まで飛んでゆくよ
ひとりと思わないで いつでも


(小田和正 詞/曲 1988年 オフコース Still a long way to go 収録)




| 2012.03.23 Friday (23:33) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
試問 終わる
 
ようやく少し肩の荷が下ろせた気がします。

それにしても。
ご自分が積み重ねられた研究について
真摯に、胸を張って応えられたみなさんの姿に
とても心うたれた一日でした。
本当にがんばられてきた人だけがもっている
潔さとか、自分への厳しさとか、
そういったものをみなさんを通じて再認識しました。
やはりなんというか、
僕らはみなさんのがんばる姿自体に
励ましをもらっているんだとそう思います。

おつかれさま。
そしてありがとう。
ゆっくりしてくださいね。





| 2012.02.10 Friday (23:12) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
おつかれさま
 
 この重みは
 みなさんの4年間の結晶こそが持つ重み。

 大事に読ませていただきます。
 おつかれさま。



| 2012.01.18 Wednesday (18:30) | 今日はこんな日 | comments(0) | trackbacks(0) |
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND

 
とりあえず
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
SPONSORED LINKS